2017年 前期 気温差データ

2017年度前期の気温差データー
(参考)
気温差による危険度判定と私個人のインスリンBasal-Rateの変化をグラフ化してみました。

なお、日々のBasal-Rateの設定は
Medtronicパラダイム インスリンポンプ MMT-722 用に
黄金比の平行四角形を基にした自作のソフト
オピフェックス・ベーサル」にて決定しています。

平均血糖値1月から6月分
201701_06SMBG.jpg

 1月:125.6 mg/dl・・・HbA1c-N:5.9%(11月測定分)
 2月:129.4 mg/dl・・・HbA1c-N:6.1%(1月測定分)
 3月:128.8 mg/dl・・・HbA1c-N:6.0%
 4月:137.3 mg/dl
 5月:130.8 mg/dl・・・HbA1c-N:5.9%
 6月:119.2 mg/dl


● 2017年1月-2月 気温差判定
201701_02.jpg
2017年1月-2月
高血糖『超』危険:4回
高血糖危険:14回
計:18回


低血糖『超』危険:3回
低血糖危険:13回
計:16回


1月Basal-Rate
(生体に合わせたBasalインスリン1日量)
Basal-Rate,MAX: 26.2 U/day
 (基準値:1.578313253012048倍)
Basal-Rate,MIN: 15.8 U/day 

 (基準値=1)
Basal-Rate,,Min:Max=1:1.58倍

2月Basal-Rate
(生体に合わせたBasalインスリン1日量)
Basal-Rate,MAX: 42.2 U/day
 (基準値:1.944700460829493倍)
Basal-Rate,MIN: 21.7 U/day 

 (基準値=1)
Basal-Rate,,Min:Max=1:1.95倍

Sensitivity
(ヒューマログ注1単位で下がる血糖値の感受性効果)
 Max:21 mg/dl
 Min:8 mg/dl

Max:Min=21:8=2.625:1

CARB RATIO
(ヒューマログ注1単位で下がる炭水化物重量)
 Max:77 g/U
 Min:33 g/U

Max:Min=77:33=2.333333333333333:1

● 2017年3月-4月 気温差判定
201703_04.jpg
2017年3月-4月
高血糖『超』危険:6回
高血糖危険:22回
計:28回


低血糖『超』危険:4回
低血糖危険:22回
計:26回


3月Basal-Rate
(生体に合わせたBasalインスリン1日量)
Basal-Rate,MAX: 37.5 U/day
 (基準値:1.674107142857143倍)
Basal-Rate,MIN: 22.4 U/day 

 (基準値=1)
Basal-Rate,Min:Max=1:1.67倍

4月Basal-Rate
(生体に合わせたBasalインスリン1日量)
Basal-Rate,MAX: 33.8 U/day
 (基準値:1.346613545816733倍)
Basal-Rate,MIN: 25.1 U/day 

 (基準値=1)
Basal-Rate,,Min:Max=1:1.35倍

Sensitivity
(ヒューマログ注1単位で下がる血糖値の感受性効果)
 Max:56 mg/dl
 Min:34 mg/dl

Max:Min=56:34=1.647058823529412:1

CARB RATIO
(ヒューマログ注1単位で下がる炭水化物重量)
 Max:56 g/U
 Min:9 g/U

Max:Min=56:9=6.222222222222222:1

● 2017年5月-6月 気温差判定
201705_06.jpg
2017年5月-6月
高血糖『超』危険:6回
高血糖危険:22回
計:28回


低血糖『超』危険:4回
低血糖危険:20回
計:24回


低血糖危険高血糖危険の双方を併せ持った
上下動激動の気温差日数:7回


5月Basal-Rate
(生体に合わせたBasalインスリン1日量)
Basal-Rate,MAX: 30.1 U/day
 (基準値:1.505倍)
Basal-Rate,MIN: 20.0 U/day 

 (基準値=1)
Basal-Rate,,Min:Max=1:1.51倍

6月Basal-Rate
(生体に合わせたBasalインスリン1日量)
Basal-Rate,MAX: 42.8 U/day
 (基準値:2.206185567010309倍)
Basal-Rate,MIN: 19.4 U/day 

 (基準値=1)
Basal-Rate,,Min:Max=1:2.21倍

Sensitivity
(ヒューマログ注1単位で下がる血糖値の感受性効果)
 Max:65 mg/dl
 Min:30 mg/dl

Max:Min=65:30=2.166666666666667:1

CARB RATIO
(ヒューマログ注1単位で下がる炭水化物重量)
 Max:18 g/U
 Min:8 g/U

Max:Min=18:8=2.25:1


スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事(最新の30件)
アクセスカウンター
いらっしゃいませ  貴方は
ご挨拶

iddm.21 本間秀行

Author:iddm.21 本間秀行
ようこそ!
あなたは、自己分泌インスリン(膵β細胞)能が絶対的枯渇する1型糖尿病(Type-1B)患者と、患者の「生命維持の為の治療を正しく理解してくれる良き友人です。

リンク & 管理
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -