東北大学における初回移植から2年間で、3回の移植を受けた場合の費用の内訳

一例
14. 費用について
この臨床試験は保険適用として国が負担する部分と適用されない部分を患者さん負担で行う医療です。
膵島移植に関する費用は原則として、私費あるいは病院負担で、当施設における患者さん負担分は下記のとおりです。
なお、免疫抑制剤の費用は原則として本臨床試験実施期間中(初回膵島移植から2年3ヶ月間)は製薬会社負担となる可能性があります。
臨床試験終了後に膵島が生着している場合、免疫抑制剤と定期的な検査を継続する必要がありますが、その費用は私費あるいは施設負担となります。
詳細は実施施設によって異なりますので、膵島移植を受ける病院の担当医師にお尋ね下さい。
東北大学における初回移植から2年間で、3回の移植を受けた場合の費用の内訳は下記の通りです。
被保険者負担のうち、一回の移植につき300万程度、2年間の外来費用に対し270万程度は研究費からの補助が受けられる見込みです。
ただし、研究費のサポート状況および症例数により、補助となる研究費は減額される可能性があります。
下記の被保険者負担の費用のうち、研究費でまかなうことのできない費用は自費で負担することとなります。
本臨床試験終了後も移植の効果を持続するためには免疫抑制剤の費用として1年あたりおよそ1,400,000円を自己負担していただく可能性があります。
また、研究期間終了後に行われる膵島移植はすべて自費となる可能性があります。

<東北大学費用負担内訳>
全体を見るにはクリックして下さい。

15. 健康被害が生じた場合の治療と補償について
この臨床試験に参加して治療をうけたことで、何らかの健康上の被害が生じたときは、必要に応じ適切な治療を行います。
その場合にかかる費用は、通常の診療と同じように健康保険と患者さん自身によって支払われることとなります。
病院や製薬会社からの補償はありません。

16. 臨床試験に参加する場合に協力していただきたいこと
あなたが現在うけている治療がありましたら、担当医師にその内容をお知らせください。
また、この臨床試験に参加する間に、他の病気などで別の病院にかかる場合や治療が変わった場合も、すぐに担当医師まで連絡をお願いします。
その他に、なにかいつもと違う症状がでた場合もすぐに連絡をお願いします。
治療、診察、検査のスケジュールを守ってください。
もし、決められた日に来院できなくなった場合には、早めに連絡をいただければ可能な範囲で来院日を変更します。
治療、診察、検査のスケジュールが守れない場合、臨床試験への参加を中止するということになりますので、ご留意下さい。

17. 臨床試験に関する情報提供について
患者さんおよび代諾者などのご希望により、他の患者さんへの個人情報保護の確保に支障のない範囲で本臨床試験の計画および方法についての資料を入手閲覧することができますので、担当医へご相談ください。
また、臨床試験に参加する間に、うけている治療や薬に関して新しい情報がわかったときはお知らせします。
臨床試験の実施に関する新しい情報が得られた場合も内容を説明し、この臨床試験を続けるかどうかについて患者さんの希望を優先します。

18. 臨床試験責任者について
この臨床試験の全国の実施責任者は、 公立大学法人福島県立医科大学附属病院 後藤満一です。
また、患者さんへの直接的な対応は各実施施設の病院長ならびに実施責任者が誠意を持って対応します。
この臨床試験は、あなたの病院の倫理審査委員会で承認をうけており、患者さんの権利が守られていることや医学の発展に役立つ情報が得られることなどが検討され、問題のないことが確かめられています。

19. 担当医師の問い合わせ連絡先
この臨床試験について疑問や不安があるときや、なにか相談したいことがあれば、いつでもご連絡ください。当施設の相談窓口は下記の通りです。

部署名:東北大学臓器移植医療部
連絡先:佐藤則子(移植コーディネーター)Phone 022-717-7702
FAX 022-717-7703 Mail: nsato@m.tains.tohoku.ac.jp

また、あなたの病院の担当医師と臨床試験実施責任医師の所属、氏名、連絡先(電話番号)は下記の通りです。
担当医師所属: 東北大学病院移植再建内視鏡外科
担当医師名: 後藤昌史
臨床試験実施責任医師名: 里見 進

電話番号:平日午前9時~午後5時は下記の日中の問い合わせ窓口へ、それ以外は休日・夜間緊急連絡先へご連絡ください。
必要に応じて診察・入院などの対応をいたします。
各移植施設からの問い合わせには日本膵・膵島移植研究会事務局が24時間体制で対応します。

日中: 022-717-7895
休日・夜間: 後藤携帯 080-5182-6953

本臨床試験全体に関する相談窓口:日本膵・膵島移植研究会膵島移植班事務局
問い合わせ窓口:024-547-1255(福島県立医科大学臓器再生外科内)










スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事(最新の30件)
アクセスカウンター
いらっしゃいませ  貴方は
ご挨拶

iddm.21 本間秀行

Author:iddm.21 本間秀行
ようこそ!
あなたは、自己分泌インスリン(膵β細胞)能が絶対的枯渇する1型糖尿病(Type-1B)患者と、患者の「生命維持の為の治療を正しく理解してくれる良き友人です。

リンク & 管理
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -