MiniMed620G 2014年12月22日発売

日本メドトロニック
2014年12月22日(月)
日本初のパーソナルCGM搭載
「ミニメド 620Gインスリンポンプ」
を発売

2014年11月14日
http://www.yomiuri.co.jp/adv/job/release/detail/00013771.html

(上記から一部転載)
日本メドトロニック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 島田隆)は、日本初となる患者さんがリアルタイムで間質液グルコースを視認できるパーソナルCGM(Continuous Glucose Monitoring; 持続グルコース測定)を搭載した「ミニメド620G(ロクニーマル ジー)インスリンポンプ」を、2014年12月22日(月)に発売いたします。
インスリンポンプにパーソナルCGM機能を搭載したシステムはSAP(Sensor Augmented Pump; パーソナルCGM機能搭載インスリンポンプ)と呼ばれ、血糖変動を患者さん自らが随時確認できます。
SAPは、患者さん自身による更なる適切なインスリン量調整の一助となるため、高血糖および低血糖リスクの低減が期待されます。

以下の画像は東北大学病院の主治医から参考にいただいた資料で、今後改変されることもありえるとの事です。
MiniMed620G.jpg

【ミニメド 620G システム 主な特長】
●ミニメド 620G インスリンポンプ

・日本最少単位でのインスリン注入設定が可能
基礎レート0.025単位/hボーラス0.025単位から設定できるようになり、小児患者にもよりきめ細やかで適切な血糖コントロールが可能に
ボーラススピードの選択が可能
標準1.5単位/分急速15単位/分より選択可能
・使用頻度の高い設定が保存できる「プリセット設定」
・プリセット一時基礎レートは15分刻みで最大8種類まで、プリセットボーラスは最大8種類まで設定可能
高/低アラート予測アラート速度アラートを使い分けることにより、高血糖や低血糖状態のお知らせができ、血糖コントロールの改善をサポート

●CGMトランスミッタとエンライトセンサ
・5分間毎のグルコース濃度測定を実施
・インスリンポンプのモニタ画面上に、グラフやグルコース値の変動スピードを矢印の向きと本数により分かりやすく表示
・CGMトランスミッタでは、最大10時間のデータ記録が可能

●ケアリンクプロとケアリンクUSB
・CGMとインスリンポンプが持つデータを統合的に解析し、個々の患者の治療最適化に必要な情報を医療従事者が効率良く得ることが可能
・ケアリンクUSBを用いて、インスリンポンプからデータを無線受信









スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事(最新の30件)
アクセスカウンター
いらっしゃいませ  貴方は
ご挨拶

iddm.21 本間秀行

Author:iddm.21 本間秀行
ようこそ!
あなたは、自己分泌インスリン(膵β細胞)能が絶対的枯渇する1型糖尿病(Type-1B)患者と、患者の「生命維持の為の治療を正しく理解してくれる良き友人です。

リンク & 管理
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -