予告 映画「インスリンの発見」と「Opifex」のご紹介

予告

来年のことを言うと「鬼も笑う!」といわれます(^_^;) が
あえて、来年の予告をさせていただきます。(^^ゞ

映画「インスリンの発見
 Glory Enough for All ~The Discovery of Insulin~

glory_mv[1]
当患者会が日本での放映権を取得済みです
厚生労働省 認可

過去の放映会は2002年10月でした。
2015年の放映会は約13年ぶりとなります。



MS Excel テンプレートソフトの
インスリン/炭水化物レシオ 
opifex-2_201404142030306d5.jpg
Opifex(オピフェックス)」
そして

opifex Basal 2 x-mini
Opifex Basal(オピフェックス・ベーサル)」のご紹介

のイベントを行います。

下図は参考用 試作ポスター です。
まだ会場
(札幌市内は確定)や参加費、日程・時間等も決まっておりませんが、内容はかなり濃いものと思います。

参加チケットなど 確定次第(数ヶ月前ぐらいには)、詳細をお知らせいたします。
・・・年明けから「会場」探しです。(^_^;)

確定しましたらイベントへの後援・協賛(・資金のご支援、・会場設営支援、・広報支援、・ボランティア支援等々)をしていただける協力者を募集いたします。
乞うご期待!

mini_2.jpg

1型糖尿病患者さん当事者だけでなく、
父兄(親御さん)、パートナー、友人、
そして 
医師・看護士・薬剤師・医療医薬品メーカーのMRの方、福祉関係者、
行政の方、報道関係の方々の参加も大いに歓迎いたします。
再掲:確定しましたらイベントへの後援・協賛(・資金のご支援、・会場設営支援、・広報支援、・ボランティア支援等々)をしていただける協力者を募集いたします。

遠方 (九州・沖縄県などを含む 全国各地) からの 積極的なご参加を お待ちいたしております。
(交通費・宿泊費・食事代等は全て自己負担です。)


簡単なご案内

まず、第1部
この映画はインスリンを発見したフレデリック・バンティングの出身地カナダで制作されたもので、史実に基づいた真実の映画です。
前編100分(1時間40分)、
後編100分(1時間40分)の
合計200分(3時間20分)の大作です。
翻訳は、当患者会メンバーで、イギリスに生まれ育ったバイリンガル1型糖尿病の患者さんに行っていただきました。
画面の下に日本語の字幕が流れます。

そして、第2部
MS Excel テンプレートソフトのインスリン/炭水化物レシオ 「Opifex」は、
私の主治医(糖尿病専門医・指導医)が数十億円の価値があると認めてくれたもので、
私個人の使用実例をライブでご紹介します。
Medtronic社から出ているインスリンポンプ MiniMed MMT-722 よりも 精度が高く 
個々人の頻回血糖測定データから
「生体」に合わせられるボーラス・インスリン量が計算できるMS Excelテンプレートソフトです。

ここでは、いわゆる大阪市立大・川村先生の 小児・若年発症日本人インスリン依存状態2型糖尿病向けに作為的に創られた「かんたんカーボカウント」 では無く、
1型糖尿病患者向けに作られたアメリカ発による本物の「インスリン/炭水化物レシオ」の紹介となります。

又、1型糖尿病患者にとって最も重要な
「ベーサル・インスリン」のベーサル・レイトの設定方法(ソフト)も、併せてご紹介いたします。

終了後には、時間が許す範囲で 質疑応答等 を行いたいと思っています。

※ちなみに、特許申請を行おうと私が特許庁に問い合わせした1週間前に「べクトン&デッキンソン社:通称BD社」が申請済みだったので 皆さんへの商品化 は見送りました。








スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事(最新の30件)
アクセスカウンター
いらっしゃいませ  貴方は
ご挨拶

iddm.21 本間秀行

Author:iddm.21 本間秀行
ようこそ!
あなたは、自己分泌インスリン(膵β細胞)能が絶対的枯渇する1型糖尿病(Type-1B)患者と、患者の「生命維持の為の治療を正しく理解してくれる良き友人です。

リンク & 管理
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -