精製された「JTの食塩」は怖い

るいネット 健康と食と医 117243 JTは、タバコより「塩」をどうかして欲しい。原賀隆一 ( 55歳 遊び人 ) 06/05/30 PM06" るいネット
健康と食と医
117243
JTは、タバコより
」をどうかして欲しい。

原賀隆一 ( 55歳 遊び人 ) 06/05/30 PM06

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=117243
より
シェア・リンクさせていただきました。

JT→公益財団法人塩事業センター
公益財団法人 塩事業センター(しおじぎょうセンター、英: The Salt Industry Center of Japan)は、塩に関する事業を行っている公益財団法人。
塩事業法の施行により 1996年に日本たばこ産業株式会社(JT)の塩事業部門から独立、事業継承して「財団法人 塩事業センター」設立。
2014年4月1日公益法人制度改革関連3法にのっとり公益財団法人に認定され移行した。

・・・ですので中身は変わりません(-_-メ)。


「命の素」である塩を明治政府は国家専売にしました。
国家による専売と20世紀の工業技術が結びついて、「塩」が暴走します。 

 「タバコ」と言えば、今はJTですが旧は「専売公社」でした。
専売公社は、民間で製造・販売したら法律で罰せられる品を(国営で)売っていたわけです。
それが民営化したらなぜか社名が「日本たばこ産業」となったのですが、元々「専売品」のトップ商品は「塩」でした。
「塩」がなければ人間は死ぬからです。
「命の素」を専売していたのです。

 日本は日清、日露戦争の戦費を英国(ロス・チャイルド系金融機関)から借金して、その返済手段として、これまた英国伝授である、「塩」を国の専売にしました。
そして国は利益を上げるため?外国から安い塩を輸入し始めたため国内の塩田(製塩業)は壊滅状態になりました。
ところが、第二次世界大戦直前、いわゆるABCD網によって海外からの輸入がストップしてしまい、あわてて国内生産をしようとしましたが復旧が追いつかず、戦中・戦後間もない頃まで非常に深刻な「塩不足」になり、その時「塩欠病」で亡くなった方は数万人とも言われていますが、未だに正確な数字は公開されていません。

 さらに戦費完済及び戦争賠償金などもあり、後もずっと平成まで「専売」を続けたのです。
ただし戦後でも(輸入も多かったでしょうが)まだ生命維持に必要なミネラルを充分含んだ「自然塩(天日塩)」に近い「粗塩」が主でした。
ところが(正確には調べていませんが)昭和38年(1963)頃から専売公社は「食塩(NaCl/99・9%)」を精製製造、販売し始めたようです。

*(本間記)その5年後の1968年頃から「人工透析」患者数が激増し始めました。
平成4年(1992年)頃、JTは「塩」の専売をやめて、一般に解禁しましたが、その後も売り続け、やっと解禁から20年後以降から「天然の自然塩」が出回りはじめ、透析患者数にブレーキがかかってきました。
以下は日本透析医学会の患者数推移グラフです。

p003_20151127182418eed.jpg

「食塩」は「イオン交換膜法」という生成法で作られた化学物質とも言えるもので、
JTでは
【電気の力を利用して海水を濃縮し、それを蒸発させて結晶化する。
安定した品質の製品を大量に生産することが出来ますが、いわゆるニガリ分が少なく、純度の高い塩となります。
「食塩」や「並塩」として売られ、家庭や食品工業に多用される最も安価で代表的な塩です。】

とありますが、「純度の高い塩」とは「塩化ナトリウムだけ?」ということでしょう。

 また「安価で代表的」が恐いのです。
それは、ほとんどの加工食品に使われている?と思っていいからです。
また、
「食卓塩」は
【メキシコ、オーストラリアなどから輸入された天日塩を3倍ほどの水で溶解し濃度の高い塩水を作り、薬品でカルシウム、マグネシウムなどの不純物(?)を沈殿・除去します。
あの後水分を加熱蒸発させて再結晶化させる方法。
塩化ナトリウム99.5%以上のピュア(?)な塩です。】

とされています。
(?は個人的に疑問視したもの)
そして本来の「自然海水塩」に含まれる各種ミネラル(金属・非金属元素)は、精製の段階で抽出し工業、医薬品、農薬、肥料会社などに売り(?)、国民にはただ辛いだけの「塩化ナトリウム」を販売しました。
もちろん外食産業やファーストフードから加工食品に至るまでこの塩の大量消費されてきました。
それは「専売」だから仕方がありません。

 ただ、その後20年もすると、今まで日本ではほとんど少なかった各種の病気(各種ガン、認知症、高血圧症、脳梗塞、心筋梗塞、成人病、アトピー、花粉症、奇病?)が軒並み上昇率世界一?となり、あわてて「塩分とりすぎ注意」を言い出したと勘ぐっています。
各種(必須)の「ミネラル」を含む「自然塩」を、長期にわたって「塩不足」になると、精神不安定、幻覚など著しい機能減退をおこします。
そして死に至ることもあります。
それでも「塩分注意」があまりにも根強く、ますます「塩欠・奇病」が増え?とうとう平成4年頃?(こっそり?)「塩解禁」をしました。
太古から「命の素」だから、塩は絶対買いますので、消費税よりいい?「税収」だったのに、それでも解禁するのには余程「後ろめたい?」ものがあったのでしょうか?

 そして、膨大な医療費の上昇なのに「平均寿命世界一」と何も根拠のない数字を出し、はたまた「ついに人口減少に突入」?死亡者が出生者の数より約2万人増? 
この10数年、子供の数の推移は140~150万人ぐらいでほぼ横這いです。
もちろん、死産(奇形児)も多いらしいですが、それは「生命の源=海の水=羊水」が「食塩」では作れないからでしょう。
ただ、「死亡者(自殺者だけでも約3万人強=これが10年前ほどの1万人台に戻れば人口減は止まる?)」がどんどん増えているのであって、「少子化」はそう深刻ではないのです。
これは「年金支給額」を減らすこと、消費税を上げるための数字でしょう。
本当は、今こそ「塩」の大切さを認識しなければなりません。

 その「専売公社」~JTが、「塩」の罪?を「隠す?」ため、あえて「タバコ害悪説」を認めているのだと勘ぐっています。
でなければ「普通」の人間の精神では、誰もJTなんかに勤める気はしないでしょう。
しかし、本当の「猛毒?」は「JT食塩なのかも知れません。
それを隠すため?「タバコ」君に被ってもらっているのかな?
 最後になりましたが、私は「トリプトファン=ニコチン酸アミド(ニコチンを加熱して出来る栄養物質)」補給のため適度に喫煙をしていて、お陰で健康状態良好です。
(資料はあまりにもいろんなものからのかき集めですので、詳細列記しません。)

(以上 引用 終わり)
(本間記)その「塩」を専売にした明治天皇(明治政府)は、持病の(2型)糖尿病を悪化させ、尿毒症を併発し、宝算61歳(満59歳)で崩御しました。
*尿毒症(にょうどくしょう)とは、腎不全に伴う症状を記述するために使用される用語です。


上記の記事を書いた「原賀隆一」さんをネットで検索して以下のブログを見つけました。


原賀隆一のブログで「塩」と一致するもの
熱中症の本当の原因は
「良い塩」を摂らなくなったからではないか。

原賀隆一 (2010年8月11日 20:49) | 個別ページ

http://haraga-r.com/mt/mt-search.cgi?search=%E5%A1%A9&IncludeBlogs=2
より
シェア・リンクさせていただきました。

■私達の身体(生命維持)は多種類の元素(ミネラル)で出来上がっています。
主要元素」は、
 H(水素)・
 O(酸素)・
 C(炭素)・
 N(窒素)
の4つで96~97%を占めています。

次に「準主要元素」が、
 Ca(カルシウム)
 P(リン)
 S(硫黄)
 Na(ナトリウム)
 Cl(塩素)
 K(カリウム)
 Mg(マグネシウム)
で約3%です。

そして「微量元素」(微量ミネラル)が、
 上記の7つを除く元素などで成り立っています。
量は人体の0.02%です。

例えば、体重60Kgの人でわずか12グラムしかありません。
さらにその中の3~4グラムがFe(血清鉄分)です。
その鉄の元素が、呼吸で得た酸素をとらえて血液中に送っているから人は生きています。

そしてその他のまさに微量なミネラル(全部でも約8g)も身体の中で、それぞれ「生命維持」に「不可欠」な働きをしていて、その中の一つでも少なくなると「病気」になり、さらに完全に無くなることが「死」を意味するのです。

血液中の微量ミネラルの減少を促す大きな要因が「発汗」です。

ところが発汗は、皮膚から水分を出してそれが乾燥するとき「気化熱」を奪い体温を下げて一定の『体温調節』をしているので、汗が出なければ体温は上昇し危険になります。

そして、ある程度(少量)の発汗では、水分が乾燥する前に微量ミネラルはまた体内に戻っていく作用をしています。
しかし多量の発汗ではそれが追いつかず流れ出してしまいます。
それが長時間続いた場合、微量ミネラル減少に陥り意識不明、死に至ることにもなります。
それはもちろん一年中を通じてですが、特に夏に多いのを、近年「熱中症」と呼ばれています。

しかし、それは「本物の塩」を摂取することでかなり予防が出来ます。

約35億年前、地球に「海」が出来たことで「生命体」が発生したのですから、当然現在も「海から採った本物の塩」(何も足さない、引かない)でなければ生命は維持していけません。

ところが、昭和38年頃から、専売公社が安価な外国産塩を輸入して、各種微量ミネラルを抽出し、それらを工業(例えば人間に非常に重要な役目をしているモリブデンはタイヤを作るのに必要とのこと)、医薬品製造などへ販売し、国民には「NaCl」=ただ辛いだけの塩化ナトリウム99.99%を販売してきました。
しかしそれを国民が知ったとしても民間製造販売は違法で、その塩を食べざるを得なかったのです。

結果10数年後、ガン・脳卒中・アトピーなど急激に増え始め、(旧)厚生省はあわてて?「塩分取り過ぎ注意」を宣言しました。
しかし、その「塩」の実態は明かさなかったのです。
人間、いや生物にとって欠かすことのできない自然の海から採った「本当の塩」の説明(教育)も塩の大切さも未だに明かしません。

ただし、製塩・販売の自由化にしました。
それは少しずつ国民が気付いてきたからか、または責任逃れの可能性も考えられます。
どちらにせよ今は、国民は本当の塩を選択できるのです。

しかし、多くの国民は今もなお「塩分取り過ぎ注意」を根強く守っているのです。
なぜなら、未だにその「真の意味」を明かさないからです。
特にお年寄りは根強いです。
だから熱中症で亡くなる人も多いのです。
マスコミもただ「記録的な暑さ」とか「異常気象」によるものと決め付けたように?言いますが、本当の要因は「塩」だと確信しています。

「自然塩」(天日結晶塩)と言われる、海水から採った塩を約1%(水1リットルに対し10グラム)溶かしたものを、夏とは限らずちょくちょく飲むことでバランスの良い微量ミネラルが補給できます。
(夏場は多少濃いめでも良い)
昔(私が子供時代)誰もこんな病気は聞いたことが無かったのは、当時は「粗塩(天然塩)」だったし、どんどん補給していたからでしょう。

ちなみに、
海水の中には次のような元素が含まれています。
1000ppm以上 
 Na(ナトリウム)・
 Cl(塩素)
100ppm以上 
 Ca(カルシウム)
 Mg(マグネシウム)
 K(カリウム)
 S(硫黄)
10ppm以上 
 Br(臭素)
1ppm以上 
 B(ホウ素)
 Si(ケイ素)
 Sr(ストロンチウム)
 Ni(ニッケル)
1ppm以下(57元素)
 Ag(銀)
 Al(アルミニウム)
 As(ヒ素)
 Au(金)
 Ba(バリウム)
 Be(ベリリウム)
 Bi(ビスマス)
 Cd(カドニウム)
 Ce(セリウム)
 Co(コバルト)
 Cr(クロム)
 Cu(銅)
 Dy(ジスプロシウム)
 Er(エルビウム)
 Eu(ユウロビウム)
 Fe(鉄)
 Ga(ガリウム)
 Ge(ゲルマニウム)
 Gd(ガドリニウム)
 Hf(ハフニウム)
 Hg(水銀)
 Ho(ホルニウム)
 I(ヨウ素)
 In(インジウム)
 Ir(イリジウム)
 La(ランタン)
 Li(リチウム)
 Lu(ルテチウム)
 Mo(モリブデン)
 Mn(マンガン)
 Nd(ネオジム)
 Os(オスニウム)
 P(リン)
 Pb(鉛)
 Pd(バラジウム)
 Pt(白金)
 Pr(プラセオジム)
 Re(レニウム)
 Rh(ロジウム)
 Ru(ルテニウム)
 Sb(アンチモン)
 Sc(スカンジウム)
 Se(セレン)
 Sm(キュリウム)
 Sn(スズ)
 Ta(タンタル)
 Tb(テルビウム)
 Te(テルル)
 Ti(チタン)
 Tl(タリウム)
 Tm(ツリウム)
 V(バナジウム)
 W(タングステン)
 Y(イットリウム)
 Yb(イッテルビウム)
 Zn(亜鉛)
 Zr(ジルコニウム)

言い替えると、これらが元になって人体(生命)が出来ています。
もちろん各種食品にも含まれていますが、なかなかこれだけの種類をバランスよく摂取できません。
特に夏場は食欲も減退し、ついついあっさりしたものになり、これらの中のひとつでも『無くなる』事が『死』を意味するのですから、いかに『塩』が大切かです。

当店で販売している、『ホワイトミネラル68」は、かなりの効果です。
上記のミネラルをほぼ保有しています。

ぜひ、お問い合わせください。

(以上 引用 終わり)














スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事(最新の30件)
アクセスカウンター
いらっしゃいませ  貴方は
ご挨拶

iddm.21 本間秀行

Author:iddm.21 本間秀行
ようこそ!
あなたは、自己分泌インスリン(膵β細胞)能が絶対的枯渇する1型糖尿病(Type-1B)患者と、患者の「生命維持の為の治療を正しく理解してくれる良き友人です。

リンク & 管理
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -