[留意]第1款 在宅療養指導管理料

コンプライアンス順守等の医療の原点をないがしろに
保険医・保険医療機関の責務である
法律(ルール)は無視
前向きな闘病を行っている患者の病態悪化は、
医療者側(糖尿病学会・糖尿病協会等々)の組織的・計画的な 金儲けのための「不適切な診断と、不適切な制限を持った治療」が主因の未必の故意です。

これは医の資格を持った組織的「殺人」であり、
IDF会長は、この組織的犯罪を「殺人病」と言っています。

診療報酬制度の不備を是正しないで、患者に問題を転嫁して、インスリン依存状態2型糖尿病患者や親の内部差別を悪用し、組織的な悪徳医療を行っているのが 今の 糖尿病学会・教会 です。

金儲けの為ですから
患者の健康や
患者の生命・財産を守る
「良心の呵責に苛まれる」医療者は
99%以上いません。

患者が病態悪化すれば・・・金儲けにつながる
不適切な診断(誤診)や過度な治療は・・・金儲けにつながる や、
法律違反の「制限を持った医療材料等の支給」・・・金儲けにつながる を棚に上げて、
患者個人の自己責任に・・・金儲けにつながる し、
病態悪化によって・・・金儲けにつながる
医者や病院の殆んどは金儲けに精を出します。

医療者は
それぞれの病型患者の「エンドポイント」を作っています。

自己分泌インスリン能が「特定のウィルス」等で完全に破壊された
1型糖尿病患者の
生命維持の為にインスリンを用いる「エンドポイント」は、
 です。

河盛隆造先生によれば、日本人の糖尿病患者の内 99%以上は2型糖尿病とされます。
「2型糖尿病患者(NIDDM)の症例に血糖正常化を目的として食事療法以上の治療を行う際には細心の注意が必要である。」と以前より強調している。

この自己分泌インスリン能が、様々な「相対的」な原因等でインスリン抵抗性や機能不全となる病型の
2型糖尿病患者の
高血糖是正・合併症防止のために
インスリンや経口血糖降下剤等々を用いる「エンドポイント」は、
後戻りできない合併症とのことです。

しかし日本は、その「後戻りできない」三大合併症だけを見ても
 糖尿病性 腎症 での 人工透析導入・・・世界一
 糖尿病性 神経障害 での 足切断・・・世界一
 糖尿病性 網膜症 での 失明・・・世界一

と言う結果が出ています。

これは、患者側に問題があるのでしょうか?
不適切な「カロリー、白物・粉物・油物等々を使った」食事療法の「食品交換表」や、
不適切な2型糖尿病患者に対するTokyo Study等による
インスリン依存状態2型糖尿病なのに『SP1型糖尿病』との名称を持たせて
インスリン療法+ ルール違反の衛生材料・保険医療材料を制限しながら、
SMBGを推進させる研究。

この研究の対象となった2型糖尿病患者数は、河盛隆造氏が指摘するほど少なく、
主病や遺伝等も含め、
これら相対的原因となる 親が作る献立や、自ら摂っている偏った
「食事」に関わる抗体を介する小児・若年発症の
インスリン受容性2型糖尿病や
インスリン欠乏性2型糖尿病などへのインスリン療法で
「緩解期(ハネムーン・ピリオド)」というインスリンから離脱できた病型に、
有無を言わせない
追い打ちをかけるようにインスリンを打ち続けさせ、
インスリンの強力な血糖値を下げさせる副作用である効能により高血糖はある時期まで是正は出来るものの、
わずかに残っている自己分泌インスリン(膵島)を
アポトーシス(管理・調節された細胞の自殺 すなわちプログラムされた 医療による未必の故意の細胞死)させられ、
2型糖尿病患者のエンドポイントである
悲惨な後戻りできない合併症患者を無尽蔵に増やし、
悪性腫瘍も含め、多臓器不全等々で死ぬまで
最後の最後まで
医療者の金儲けの出汁にされ続けます。


[留意]第1款 在宅療養指導管理料

1 
在宅療養指導管理料は、
当該指導管理が
必要かつ適切である
と医師が判断した患者について、
患者
又は
患者の看護に当たる者
に対して、
当該医師が
療養上必要な事項について
適正な注意及び指導を行った上で、
当該患者の
医学管理を十分に行い、
かつ、
各在宅療養の方法、
注意点、
緊急時の措置に関する指導
等を行い、
併せて
必要かつ十分な量の
 衛生材料

又は
 保険医療材料
を支給した場合

に算定する。
ただし、
当該保険医療機関に来院した患者の看護者に対してのみ当該指導を行った場合には算定できない。
なお、
衛生材料等の支給にあたっては、
以下の2又は3の方法によることも可能である。
(以下省略)










スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事(最新の30件)
アクセスカウンター
いらっしゃいませ  貴方は
ご挨拶

iddm.21

Author:iddm.21
ようこそ!
あなたは、自己分泌インスリン(膵β細胞)能が絶対的枯渇する1型糖尿病(Type-1B)患者と、患者の「生命維持の為の治療を正しく理解してくれる良き友人です。

リンク & 管理
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -