この病院は「不正」を行っています!ご注意ください!!

以下の
表示サイトで
不正(保険医・保険医療機関としての診療報酬違反)が明確に行われています。

画像をクリックすると
「拡大」して見れます。
画像の下部のアンダーラインを引いた部分の文言は、
明確な診療報酬違反です。

1型糖尿病患者に対する120回は下限であって
上限を定めたものではありません。

2型糖尿病患者への60回も下限であって
上限はありません。

※ちなみに、私は月に最低「600枚」支給され、足りない場合はさらに「数百枚」支給していただいています。
多いときは月に1000枚の時もあります。


下部に保険診療の「診療報酬」のルールを書き添えます。

これらの不正行為を平然と行う場合
保険医としての免許停止
保険医療機関としての登録取り消し

が待っています。

このような医療行為を行う
医者や病院には、
くれぐれもご注意下さい!

故意で「殺人」が行われています!
殺されます!


No more excuses!
「言い訳はもうたくさんだ!」
ルール違反を
行っていながら、
患者に問題転嫁させる
制限を持った医療行為は
犯罪だぞッ!

不正のHP

(以下参考)
別添1 医科診療報酬点数表に関する事項
<通則>
3 特掲診療料は、特に規定する場合を除き、当該医療技術に伴い必要不可欠な衛生材料等の費用を含んでいる。

第2款 在宅療養指導管理材料加算
C150 血糖自己測定器加算

1 月20回以上測定する場合 400点
  ※下限が定められています。
2 月40回以上測定する場合 580点
  ※下限が定められています。
3 月60回以上測定する場合 860点
  ※下限が定められています。
4 月80回以上測定する場合 1,140点
(1型糖尿病に限る)

  ※下限が定められています。
5 月100回以上測定する場合 1,320点
(1型糖尿病に限る)

  ※下限が定められています。
6 月120回以上測定する場合 1,500点
(1型糖尿病に限る)

  ※下限が定められています。
全てにおいて
最低数の下限であって
上限は定められておりません。


以下、現在見直しが検討されています。
C101 在宅自己注射指導管理料
  ※インスリン注射の回数や、CSII・SAP等方法、手段についてです。
【項目の見直し】
1 複雑な場合 1,230点
2 1以外の場合
 イ 月27回以下の場合 650点
  ※上限が定められています。
 ロ 月28回以上の場合 750点
  ※下限が定められています。

【見直し前】
1 複雑な場合 1,230点
2 1以外の場合
 イ 月3回以下の場合 100点
 ロ 月4回以上の場合 190点
 ハ 月8回以上の場合 290点
 ニ 月28回以上の場合 810点



  ※以下は、メドトロニック社の「iPro」や、アボット社の「フラッシュ血糖測定器(Abbott Freestyle Libre)」等を指すものと思われます。
C152-2 持続血糖測定器加算
1 2個以下の場合 1,320点
2 4個以下の場合 2,640点
3 5個以上の場合 3,300点


別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、
別に厚生労働大臣が定める注射薬の自己注射を行っている入院中の患者以外の患者に対して、
持続血糖測定器を使用した場合に、
第1款の所定点数に加算する。
当該患者に対して、
プログラム付きシリンジポンプ
又はプログラム付きシリンジポンプ以外のシリンジポンプを用いて、
トランスミッターを使用した場合は、
第1款の所定点数にそれぞれ3,230点又は2,230点を加算する。
ただし、
この場合において、
区分番号C152に掲げる間歇注入シリンジポンプ加算は算定できない。

通知
(1) 入院中の患者以外の患者であって
次に掲げるものに対して、
持続的に測定した血糖値に基づく指導を行うために
持続血糖測定器を使用した場合に算定する。
ア 血糖コントロールが不安定な1型糖尿病患者であって、
持続皮下インスリン注入療法を行っている者

イ 低血糖発作を繰り返す等
重篤な有害事象がおきている血糖コントロールが不安定な2 型糖尿病患者であって、
医師の指示に従い
血糖コントロールを行う意志のある、
持続皮下インスリン注入療法を行っている者
(2) 持続血糖測定器加算を算定する場合は、
その理由及び医学的根拠を診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。
(3) 同一月において、
区分番号「C152」間歇注入シリンジポンプ加算と当該加算は、
併 せて算定できない。
(4) 入院中の患者に対して、
退院時に区分番号「C101」在宅自己注射指導管理料を算定すべき指導管理を行った場合は、
退院の日1回に限り、
在宅自己注射指導管理料の所定点数及び持続血糖測定器加算の点数を算定できる。
この場合において、
当該保険医療機関において
当該退院月に外来、往診又は訪問診療において在宅自己注射指導管理料を算定すべ き指導管理を行った場合であっても、
指導管理の所定点数及び持続血糖測定器加算は算定できない。
(5) 「注2」に規定するシリンジポンプを使用する際に
必要な輸液回路、
リザーバー
その他療養上必要な医療材料の費用については、
所定点数に含まれる。


















スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事(最新の30件)
アクセスカウンター
いらっしゃいませ  貴方は
ご挨拶

iddm.21

Author:iddm.21
ようこそ!
あなたは、自己分泌インスリン(膵β細胞)能が絶対的枯渇する1型糖尿病(Type-1B)患者と、患者の「生命維持の為の治療を正しく理解してくれる良き友人です。

リンク & 管理
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -