Abbott FreeStyle リブレ(アボットジャパン)について

昨日は2ヵ月ぶりの定期検査日でした。

今回は、
コントロールの結果のほかに
かねてから
主治医に導入をお願いしていた
アボットジャパンの
FreeStyle リブレ
についてのお話も伺いました。

Abbott FreeStyleリブレProについて
日本語のサイトが出来ました。

以下はそのリンクです。
http://myfreestyle.jp/index-patients.html?utm_expid=121132005-17.e0AJanq2SNmJHssNdwWQVQ.1&utm_referrer=http%3A%2F%2Fmyfreestyle.jp%2Fproducts%2Ffreestyle-libre-pro-system.html

FreeStyle リブレについては
主治医に「要望書」を提出して
Abbottが日本語表記の
FreeStyle リブレの専用の「リーダー」を
各地の医師に「デモ」をしていますので、
中医協の保険診療報酬点数はまだ決まっていない段階ですが
先生もabbottに連絡をとって
現物を見せてもらって
そのすごさを実感して「導入」をご検討ください。
と要望していました。

なんと
1個の「センサー」で24時間14日の測定が出来、
「リーダー」をかざすだけで
血糖値が表示されるすぐれものです。

またスマートホンのandroidのNFC付きの
スマホでも
かざすだけで
FreeStyle リブレの
「リーダー」が可能

最新のスマホ・ソフトでは
測っている本人以外の、許認可された数名のスマホでも血糖値が見られる等の
説明もしてきました。

子供やパートナーの「血糖値」を
親やパートナー、主治医も「許認可」さえされていれば
いつでも現状を
知ることが出来るメリットがあるそうです。

主治医からは、
AbbottのMRに来てもらって
実機をみせて頂いたそうです。

ただ、
主治医がいる病院では、
大学病院を主に提供して
おこぼれ的な提供になり、
早くて
年内の12月か
年を越して
1月以降になりそう・・・
とのことでした。

また、主治医からの話では、
今は「android」版だけですが、
現在「iOS」用も制作中で、
近い将来は
NFC対応のiPhone版も出るとの事でした。

早く使えると良いですね。











スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事(最新の30件)
アクセスカウンター
いらっしゃいませ  貴方は
ご挨拶

iddm.21

Author:iddm.21
ようこそ!
あなたは、自己分泌インスリン(膵β細胞)能が絶対的枯渇する1型糖尿病(Type-1B)患者と、患者の「生命維持の為の治療を正しく理解してくれる良き友人です。

リンク & 管理
カレンダー
01 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -